7月に福島で開催『オックスファム・トレイルウォーカー東北2015』

792

2014年「オックスファム・トレイルウォーカー・ジャパン」のスタート風景。
神奈川県小田原市の城山陸上競技場をスタートし、94チーム496人が、
山梨県の東京YMCA山中湖センターにゴールした。(100kmコース)

 

生まれ変わる『オックスファム・トレイルウォーカー・ジャパン』

1983年に香港で誕生し、2007年からは日本でも開催されてきた『オックスファム・トレイルウォーカー』。これまで国内では、神奈川県から山梨県山中湖村を結ぶトレイルで実施されてきたが、今年から舞台を東北に移し、『オックスファム・トレイルウォーカー東北 2015』として生まれ変わる。

スタート&フィニッシュ会場は、福島県二本松市岳温泉。50kmに渡るトレイルは美しい景色に彩られ、東北が誇る百名山のひとつ安達太良山の山頂1699mからはパノラマ・ビューが楽しめる。

2011年3月から継続して被災地の支援活動を行ってきたオックスファム・ジャパンでは、東北復興支援が新たな局面を迎えつつあることから、ともに歩む新しいかたちで地域に根づいた活動支援を行いたいと、福島でのイベント開催を決めた。

同イベントは4人1組で進み、ひとりでも欠けたら順位がつかないというルール。これまではウォーキングイベントとして実施してきたが、今年からは ”走る” 要素も加わり、よりアクティブなイベントへと変化する見込みだ。今後、トレイルランニングのチーム戦としての色を強めていくという。

 

開催日:2015年7月11日(土)〜12日(日)
距離:50km
制限時間:24時間
募集:150チーム(600人)
スタート/フィニッシュ:福島県二本松市岳温泉
参加費:1チーム60,000円
参加資格:18歳以上(イベント当日)、4人1チーム、1チーム60,000円以上の寄付金を集める

 

イベントの詳細やエントリーはこちらから。
https://oxfam-mng.com/web/web.html

IMG_2875 IMG_3184 IMG_3057

IMG_1799

 

※ 注釈
● オックスファム / オックスファム・ジャパン
オックスファムは、1974年にイギリスのオックスフォードで設立された世界90ヵ国以上で活動する国際協力団体。世界17の国と地域に拠点を置き、貧困を克服しようとする人々を支援し、貧困を生み出す状況を変えるために活動している。2003年12月、オックスファム・ジャパン設立。世界と日本を繋ぎながら、緊急人道支援、長期開発支援、アドボカシー(政策提言)、キャンペーン・アウトリーチを通して、貧困のない世界の実現を目指している。
『オックスファム・ジャパン』公式サイト
http://oxfam.jp

● オックスファム・トレイルウォーカー
1981年(香港)より開催されている4人1組のチームで参加するウォーキング・イベント。自分の体力に挑戦すると同時に、参加をきっかけに寄付金を集めて国際協力に貢献することを目的としている。これまで香港、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、オランダ、カナダ、ベルギー、アイルランドで実施され、日本でも2007年より毎年実施されてきた。寄付金は国際協力団体オックスファムが推進する途上国の紛争・災害時の緊急支援、教育・農業支援などの国際協力活動に使われ、人々が貧困から立ち上がることに役立てられている。これまで世界各国から135,000人参加、47億円以上の寄付が集まった。