『はじまりの種をみつける』小池一子著(平凡社)

平凡社『のこす言葉』シリーズに収められた一冊。

クリエイティブディレクターの先駆けとして、ファッション、アート、デザインの世界で数々の輝かしい足跡を残してきた小池一子氏。デザイナー田中一光氏とともに生み出した「無印良品」もそのひとつ。90年代のアートシーンで際立つ存在感を放ったオルタナティブギャラリー・佐賀町エキシビッドスペースのオーナーとしても知られている。

そんな小池氏のクリエイティブの源に迫ってみたいと企画し、インタビューを重ねた本書。読んでいただくとおそらく頷いていただけると思うのだが、「まさにこの言葉」と思えるようなタイトルをつけることができた。そんなタイトルを、学生時代からの憧れでもある小池さんに喜んでいただけたのが何より嬉しい。できることなら、もう少しこの続きを書いてみたい。

■平凡社サイト
https://www.heibonsha.co.jp/book/b528579.html